ホーム心房細動とは ⇒ 心房細動の検査
心房細動の検査

心房細動の検査には主に次のようなものがあります。

■12誘導心電図(体表面心電図)
一般的で手軽な検査の一つです。両手両足、胸部に6箇所、合計10箇所に電極をとりつけ心電図をとります。検査中に心房細動の発作が起きていればここで確認可能です。

■ホルター心電図(24時間連続心電図)
長時間にわたって一日中の心電図を観察、記録することができます。動悸患者において心拍数の確認、心房細動の評価、診断、治療効果の判定にも使用します。また、心房細動の発生場所を検討する材料としても活躍します。

■心エコー検査(心臓超音波検査)
超音波を使用し、心臓の機能の評価を行う検査です。心臓(心房、心室)を断面図で表示し、各部分大きさ、血流量や圧較差、血液のよどみ具合、逆流などをリアルタイムで確認することができます。

■電気生理検査
電極カテーテル(電極のついた細い管)を静脈または動脈を介して心臓に挿入し、心臓内部の所定部位に留置し, 電気現象(電位)を記録し、心臓の内側から電気刺激を加え、その心臓の反応によって診断する方法です。診断が確定され、高周波カテーテルアブレーション(心筋焼灼術)により治療されます。