ホーム ⇒ 心房細動と脳梗塞
心房細動と脳梗塞



三大成人病としてガン、心臓病(心疾患)、脳卒中(脳血管疾患)が挙げられていますが、これらは常に私たちの生活を脅かしています。脳梗塞は脳卒中のひとつで、死亡率も非常に高い病気です。
脳にはたくさんの血管があります。その脳血管がある影響を受けて狭窄(狭くなること)したり、閉塞(詰まること)したりすると、脳の毛細血管まで血液が充分に行き渡らなくなってしまいます。血液が行き渡らないと酸素や糖分が行き渡らなく、脳細胞が死んでしまいます。これが脳梗塞です。
脳梗塞になると梗塞された部位により症状が異なりますが、一般に手足の麻痺、言語障害、顔面神経麻痺、吐き気などが現れます。