ホーム ⇒ 心房細動とは
心房細動とは

心房細動は高齢者に多く見られる不整脈です。
加齢とともに増加し、70歳代の5%、80歳代の10%程度の割合で起こる比較的起こりやすい不整脈です。日本国内に約130万人いるとされています。潜在的には200万人を 超すともいわれています。自覚症状は動悸に気づくことがありますが、発作に気づかずに健康診断等でたまたま見つかることも多くあります。
心房細動は洞結節の正常ペースメーカからの信号では心房の興奮が始まらず、心房内(主に左房にある肺静脈付近)で1分間に350〜600回の不規則な電気信号が発生し、心房全体が小刻みに震え、心房の正しい収縮と拡張ができなくなる不整脈です。体表面心電図上ではf波とよばれる小さな波の後、QRS波が不規則にきます。




心房収縮がなくなり、心室の拡張期に十分血液が満たされないため心臓の機能が低下し、心臓から出る血液量も約20%減少します。そのため息切れやめまい、胸苦しさなどの症状を起こしやすくなり、これが続くと心不全になる可能性もあります。
最近治療法が格段に向上し、確立されつつある不整脈です。早期発見し早期治療することが大切です。