ホーム ⇒ 心臓の基礎知識
心臓の基礎知識

心臓は握りこぶしよりやや大きく250g〜350gです。心臓には右心房(右房)、右心室(右室)、左心房(左房)、左心室(左室)の4つの部屋があります。これらがポンプの役割を果たし、体全体に血液(酸素、栄養)送っています。
心臓が効率よく全身に血液を送り出すためには心臓の各部分の心筋が一定の順序で規則正しく興奮して収縮する必要があります。このポンプ機能を支えるのが心臓内の電気回路「刺激伝導系」です。
心臓の最も大切な仕事は、このポンプによってきれいな血液を全身へ運ぶことで、酸素と栄養を体の細部まで届けます。
心臓は絶えず動き続け一日に10万回ほど拍動を繰り返します。心臓は運動をしているとき必要に応じて早いペースで動き、寝ている時にはゆっくりのペースに調整されます。